[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「請負契約」と「準委任契約」の違い

スポンサーリンク

※留意事項


2017年に「民法を改正するよ!」が決まりました。「実際に改正したよ!」になるのは2019年ごろの予定らしいです。それに伴い、請負契約とか準委任契約における責任の範囲や支払いに関するあれやこれや等が結構ガッツリと変わるようです。本ページに記載されている内容は改正前の情報を元にしています。改正後のあれやこれやについては、他のところで勉強してください。


それぞれの用語の意味


用語意味
請負契約成果物の完成に対して責任と報酬が発生する契約形態
準委任契約作業の実施に対して責任と報酬が発生する契約形態

似ているところ


どちらも、お仕事における契約形態です。


違うところ


何に対して責任と報酬が発生するかが違います。

請負契約は「結果を出しますよ」な契約です。
「何をしたか」は、そこまで大事ではありません。
「結果として、どうなったか」が、とても大事です。
その代わり、結果を出すためのやり方は自由に決めることができます。


「請負契約」と「準委任契約」の違い1

それに対して、準委任契約は「あなたの代わりに作業をやりますよ」な契約です。
「結果として、どうなったか」は、そこまで大事ではありません。
「何をしたか」(過程)が、とても大事です。


「請負契約」と「準委任契約」の違い2

まとめると

請負契約:成果物に対する報酬
準委任契約:労働に対する報酬


です。

請負契約:結果に対する報酬
準委任契約:過程に対する報酬


とも言えます。

請負契約:結果が大事
準委任契約:過程が大事


なのです。


備考


請負契約は

お客さま:こんなのを作ってよ
 ↓
自分:はい、作ったよ
 ↓
お客さま:ありがと。はい、お金


が本来の流れです。


「請負契約」と「準委任契約」の違い3

お客さまが「ケーキを作って」とお願いしたのであれば「できあがったケーキ」に対して支払いが発生します。
費用は、成果物に対して支払われるのです。
厳しいですが、結果を出せなければ報酬は貰えません。

お客さま:こんなのを作ってよ
 ↓
自分:頑張ったけど、できませんでした
 ↓
お客さま:じゃあ金は払えんなぁ


となります。


「請負契約」と「準委任契約」の違い4

その代わり、作業のやり方は基本的に作業者の自由です。

お客さま:ついでに、この作業もやっておいてよ
 ↓
自分:ん?俺のやり方に口出すな!
 ↓
お客さま:ぐぬぬぬぬ


もアリなのです。
建前上のお話ですけどね。


「請負契約」と「準委任契約」の違い5

準委任契約は

お客さま:この作業をやってよ
 ↓
自分:はい、やりました
 ↓
お客さま:ありがと。はい、お金


が本来の流れです。


「請負契約」と「準委任契約」の違い6

お客さまが「ケーキを作って」とお願いしたのであれば「ケーキを作る行為」に対して支払いが発生します。
あくまで「労働力の提供」に対して費用が支払われるのです。
結果として、お客さまが儲かったかどうかは関係ありません。

お客さま:この作業をやってよ
 ↓
自分:はい、やりました
 ↓
お客さま:あっ、いらない作業だったわ。ごめんごめん。何の成果にもなってないからお金は無しで


は通用しません。


「請負契約」と「準委任契約」の違い7

その代わり、お客さまの指示に従って作業をする必要があります。
好き勝手は許されません。

お客さま:この作業をやってよ
 ↓
自分:いやでーす
 ↓
お客さま:うっせ!さっさとヤレ!


となります。


「請負契約」と「準委任契約」の違い8

ちなみに、見て分かるとおり、このページの説明は大雑把です。
お金が絡んでくる部分なので、できれば「なんとなく」ではなく「しっかり」理解してください。
真面目に説明しているところで情報を補完してくださいね。


スポンサーリンク