[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「LIFO」と「LILO」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
OSコンピュータの人格に相当するソフト
カーネルOSの中核部分として頑張っているソフト
LinuxOS、もしくは、カーネルの名前
ブートローダコンピュータを起動したときに呼び出されて、OSとかを動かすプログラム

それぞれの用語の意味


用語意味
LIFO「後に入れたもの(新しいもの)から出すよ!」なやり方
LILOLinuxのブートローダ(起動時に呼び出されて、OSを動かすプログラム)のひとつ

似ているところ


字面が似ています。
なんてったって1文字違いですからね。
まぁ、似ているのは名前だけなのですが……。


違うところ


名前が似ているからといって騙されてはいけません。
何から何まで違います。
字面が似ているだけで中身は別物です。

LIFOは「後に入れたものを先に出すよ」なデータの扱い方です。
日本語では「後入先出」と表現されます。

LILOは「ブートローダ」と呼ばれる類のプログラムです。
そうです。
「プログラム」です。

全然違いますよね?


スポンサーリンク