[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「二値画像」と「多値画像」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
画像コンピュータの世界における「静止画」

それぞれの用語の意味


用語意味
二値画像白黒画像のように、使える色が2つだけの画像。色の情報を0と1だけで表現できる画像
多値画像カラー画像のように、3色以上使える画像。色の情報を0と1だけでは表現できない画像

似ているところ


どちらも画像です。


違うところ


使える色の数が違います。

その名の通り、二値画像で使える色は「白」と「黒」の2つだけです。
いわゆる「白黒画像」が二値画像です。


「二値画像」と「多値画像」の違い1

それに対して、多値画像は3色以上使えます。
いわゆる「カラー画像」が多値画像です。


「二値画像」と「多値画像」の違い2
スポンサーリンク