[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

拡張子「.xls」と「.xlsx」と「.xlsm」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
拡張子ファイル名にくっついているファイルの種類を表す目印
マクロ操作手順等を記録して自動的に実行できるようにする機能

それぞれの用語の意味


用語意味
.xlsExcel2003までのExcelファイルに付く拡張子
.xlsxExcel2007以降のExcelファイルに付く拡張子
.xlsmExcel2007以降のExcelファイル(マクロ付き)に付く拡張子

似ているところ


どれも、Microsoft Excelのファイルに付く拡張子です。


拡張子「.xls」と「.xlsx」と「.xlsm」の違い1

違うところ


バージョンとマクロを含められるかが違います。

「.xls」はExcel2003まで使われていた形式です。
「.xlsx」「.xlsm」はExcel2007以降で使われている形式です。
ただし、互換性があるので、Excel2007以降で「.xls」形式のファイルを扱うことは可能です。
Excel2003以前で「.xlsx」「.xlsm」形式のファイルを扱うことはできません。

また「.xls」「.xlm」は、ファイルにマクロを含めることができます。「.xlsx」はできません。
「.xls」が進化して2つに分かれたのが「.xlsx」(マクロ無)と「.xlsm」(マクロ有)だとお考えください。


個人的な使い分け


マクロの有無によってファイル形式を変更するのが面倒くさいので、すべて「.xls」の使用で統一しています。バージョン違いを気にする必要も無いですしね。


スポンサーリンク