[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「while文」と「do~while文」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
プログラミングプログラムを作ること
繰り返し処理同じ処理を何回もやらせる命令のこと

それぞれの用語の意味


用語意味
while文プログラミングで繰り返し処理を書くときの構文のひとつ
do~while文プログラミングで繰り返し処理を書くときの構文のひとつ

似ているところ


どちらもプログラミングで繰り返し処理を書くときの構文です。
同じ処理を何回もさせたいときに使います。


違うところ


処理の順番が違います。

while文は

1.繰り返すかの判定
2.繰り返す対象の処理


の順番で処理が進みます。


「while文」と「do~while文」の違い1

最初に行われるのは「判定」です。
最初の時点で繰り返す条件を満たさなければ、繰り返す対象の処理は1回も行われません。

それに対して、do~while文は

1.繰り返す対象の処理
2.繰り返すかの判定


の順番で処理が進みます。


「while文」と「do~while文」の違い2

最初に行われるのは「処理」です。
例え、最初の時点で繰り返す条件を満たしていなくても、1回は繰り返す対象の処理が行われます。


個人的な使い分け


別に、こだわりがあるわけではありませんが、基本的にはwhile文を使います。
必要があれば使うとは思いますが、do~while文は、あまり使ったことがありません。
私のプログラミング人生においては、基本的にwhile文だけで何とかなっています。


スポンサーリンク