[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「プログラマ」と「コーダー」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
プログラム人間様の代わりにコンピュータさんにあれこれ命令してくれるやつ
プログラミングプログラムを作ること
ソースコード人間語で書いたプログラムの元ネタ

それぞれの用語の意味


用語意味
プログラマプログラムを作る人
コーダーホームページとかプログラムのファイルを実際に作る人

似ているところ


どちらも、プログラムを作る人を指す用語です。


違うところ


現場によって違ったりもしますが、一般的には、設計を含むか含まないかが違います。

プログラマさんは、ある程度の設計も行うことが多いはずです。
コーダーさんは、基本的には設計はしません。
すでに出来上がっている設計書を元にしてソースコードを書くのが、お仕事です。

プログラムを作るときには

1.どんなものをどうやって作るか考える(設計)
2.実際に作る(実装)


の手順を踏んで作業が行われます。
「プログラミング」と言った場合、一般的には

1+2(設計+実装)

の作業を指します。

プログラマさんは、1と2の両方をやる場合が多いはずです。
それに対してコーダーさんは2のみです。
1は、やりません。

・プログラマ:プログラムを作る人
・コーダー:設計書をソースコードに変換する人


のイメージです。

あとは、ホームページのファイルを実際に作る人も「コーダー」と呼びます。
ホームページのファイルはプログラムではないので「プログラマ」とは呼びません。


個人的な使い分け


あくまで個人的な意見ですが、プログラムを作る人に対する「コーダー」という呼称は揶揄する響きが含まれていると感じます。
よって、私はプログラムを作る人を指して「コーダー」とは言いません。
全部「プログラマ」です。

ホームページのファイルを作る人に対しては「コーダー」と呼んでも良いのかもしれませんが、ディレクターとかプランナーとか細かい職種の違いが分からないので、全部まとめて「Webデザイナー」と呼んでいます。


スポンサーリンク