[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

拡張子「.mdb」と「.accdb」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
拡張子ファイル名にくっついているファイルの種類を表す目印
データベースデータがそれっぽい感じに入っている箱

それぞれの用語の意味


用語意味
.mdbAccess2003までのAccessデータベースファイルに付く拡張子
.accdbAccess2007以降のAccessデータベースファイルに付く拡張子

似ているところ


どちらも、Microsoft Accessのデータベースファイルに付く拡張子です。


拡張子「.mdb」と「.accdb」の違い1

違うところ


バージョンが違います。
「.mdb」はAccess2003まで使われていた形式です。
「.accdb」はAccess2007以降で使われている形式です。
ただし、互換性があるので、Access2007以降で「.mdb」形式のファイルを扱うことは可能です。Access2003以前で「.accdb」形式のファイルを扱うことはできません。


個人的な使い分け


Access2003以前を使っている人も少なくなってきたのでそこまで神経質にはなっていませんが、基本的には「.mdb」形式を使うようにしています。
古いバージョンのAccessしかない環境を考慮するのであれば「.mdb」、そうでないなら「.accdb」で良いと思います。


スポンサーリンク