[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「SDカード」と「SDHCカード」と「SDXCカード」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
メモリーカードカードの形をしている、コンピュータ世界の収納BOX

それぞれの用語の意味


用語意味
SDカード「SD」と呼ばれる規格に沿って作られているメモリーカード。もしくは「SD」と呼ばれる規格に沿って作られているメモリーカードのうち、大きさが24mm(横)×32mm(縦)×2.1mm(厚さ)で、容量が2GBまでの物
SDHCカード「SD」と呼ばれる規格に沿って作られているメモリーカードのうち、容量が4GBから32GBまでの物
SDXCカード「SD」と呼ばれる規格に沿って作られているメモリーカードのうち、容量が64GBから2TBまでの物

似ているところ


すべて「SD」と呼ばれる規格に沿って作られているメモリーカードです。


「SDカード」と「SDHCカード」と「SDXCカード」の違い1

違うところ


容量が違います。

SDカードの容量は、もともと「2GB」まででした。
この「容量が2GBまでのSDカード」を「SDカード」と呼びます。


「SDカード」と「SDHCカード」と「SDXCカード」の違い2

技術が進歩して、32GBまで入るようになりました。
この「容量が4GBから32GBまでのSDカード」を「SDHCカード」と呼びます。
はじまりが4GBなのは、4GBの一つ手前、2GBまでは「SDカード」と呼ばれるからです。


「SDカード」と「SDHCカード」と「SDXCカード」の違い3

さらに技術が進歩して、2TBまで入るようになりました。
この「容量が64GBから2TBまでのSDカード」を「SDXCカード」と呼びます。
はじまりが64GBなのは、64GBの一つ手前、32GBまでは「SDHCカード」と呼ばれるからです。


「SDカード」と「SDHCカード」と「SDXCカード」の違い4

表にまとめると、以下のようになります。


呼び名容量
SDカード~2GB
SDHCカード4GB~32GB
SDXCカード64GB~2TB

備考


「『SD』と呼ばれる規格に沿って作られているメモリーカード」の意図で、全部まとめて「SDカード」と表現する場合もあります。


スポンサーリンク