[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「WPAパーソナル」と「WPA2パーソナル」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
暗号特定のルールに従って、ぐちゃぐちゃに変換されたデータ
暗号化特定のルールに従って、元のデータをぐちゃぐちゃにする行為
暗号鍵暗号化したり、暗号化されたのを元に戻すときに使うデータ
事前共有鍵(PSK)暗号鍵を事前に設定しておくやり方、もしくは、事前に設定された暗号鍵
認証「おまえ誰?」ってのを確認すること
無線LAN電波でビビビーな通信のやり方
WEP無線LANにおける通信内容を暗号化するやり方のひとつで、結構しょぼかったから今はあんまり使われていないやり方
WPA無線LANにおける通信内容を暗号化するやり方のひとつで、しょぼいWEPの代わりに使うために生み出されたやつ
WPA2無線LANにおける通信内容を暗号化するやり方のひとつで、しょぼいWEPの代わりに使うために生み出されたやつ(WPA)のパワーアップした姿

それぞれの用語の意味


用語意味
WPAパーソナル暗号化の規格がWPAで、事前共有鍵(PSK)を使って認証するやり方
WPA2パーソナル暗号化の規格がWPA2で、事前共有鍵(PSK)を使って認証するやり方

似ているところ


どちらも無線LANにおける認証のやり方です。
また、どちらも事前共有鍵(PSK)を使います。


違うところ


暗号化のやり方が違います。
その名の通り、WPAパーソナルでは「WPA」と呼ばれる規格に沿って、暗号化されます。
WPA2パーソナルでは「WPA2」と呼ばれる規格に沿って、暗号化されます。


個人的な使い分け


WPA2パーソナルが使えるのであればWPA2パーソナルにします。
WPAよりもWPA2の方が安全だからです。
WPA2パーソナルが使えなければWPAパーソナルにします。


スポンサーリンク