[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ブロードキャストアドレス」と「マルチキャストアドレス」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
IPアドレスインターネットをするときにコンピュータに割り当てられる住所
MACアドレスネットワーク機器に割り当てられた住所
ブロードキャスト同じネットワークにいる全員に対して同じデータを送ること
マルチキャスト複数の相手に同じデータを送ること

それぞれの用語の意味


用語意味
ブロードキャストアドレスそのアドレス(IPアドレスとかMACアドレス)に送ると、ネットワークにつながっている全部の機器に届くようになっているアドレス
マルチキャストアドレスそのアドレス(IPアドレスとかMACアドレス)に送ると、そのアドレスと紐付いた複数の機器に届くようになっているアドレス

似ているところ


どちらも特殊なアドレスです。
そのアドレスに送ると、複数の機器に届きます。


違うところ


お届け先が違います。

ブロードキャストアドレス宛にデータを送ると「ネットワークにつながっている」すべての機器に届きます。
データの届く先はネットワーク内にある「全部」の機器です。


「ブロードキャストアドレス」と「マルチキャストアドレス」の違い1

一方、マルチキャストアドレス宛にデータを送ると「アドレスと紐付いている」すべての機器に届きます。
データの届く先はネットワーク内にある「一部」の機器です。


「ブロードキャストアドレス」と「マルチキャストアドレス」の違い2

備考


ネットワーク内の全部の機器と紐付けたマルチキャストアドレスがブロードキャストアドレスのイメージです。


スポンサーリンク