[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「SQL」と「SQL文」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
データベースデータのまとまり

それぞれの用語の意味


用語意味
SQLデータベースとやり取りするときに使う言葉
SQL文SQLという言語を使った、データベースさんに対する「おい!これやれよ」な命令文

似ているところ


どちらも、データベースに対する命令に関する用語です。
データベースさんに対して「ねーねー、こんなデータを持ってきてよー」や「このデータをしまっておいて」といった命令をするときに登場します。

そして、どちらも「SQL」です。


違うところ


厳密に言えば、指し示すものは根本的に違います。

例えば、ピヨ子さんがピヨ太君に日本語で「パン買ってこい!」と命令したとしましょう。


「SQL」と「SQL文」の違い1

ピヨ子さんが人間、ピヨ太君がデータベースだとすれば「日本語」が「SQL」です。
「パン買ってこい!な命令」が「SQL文」になります。

つまり、SQLは「言語」です。
SQL文は「命令(文)」です。


「SQL」と「SQL文」の違い2

個人的な使い分け


ぶっちゃけ、あまり使い分けをしていません。
「SQLを実行する」とか普通に言っちゃってます。ごめんなさい。
厳密には「SQLを実行する」と言わないと間違いですね。


備考


SQL文は「クエリ」と表現される場合もあります。


スポンサーリンク