[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「マルチキャストアドレス」と「エニーキャストアドレス」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
IPアドレスインターネットをするときにコンピュータに割り当てられる住所
MACアドレスネットワーク機器に割り当てられた住所
マルチキャスト複数の相手に同じデータを送ること
IPv6これから使うことになりそうな「8fe0::8f61:ac8:30cd:a16e」みたいな形式の長ったらしいIPアドレス

それぞれの用語の意味


用語意味
マルチキャストアドレスそのアドレス(IPアドレスとかMACアドレス)に送ると、そのアドレスと紐付いた複数の機器に届くようになっているアドレス
エニーキャストアドレスそのIPアドレス宛に送ると、そのIPアドレスと紐付いた複数の機器のうち、一番近くにある機器に届くようになっているIPアドレス

似ているところ


どちらも特殊なIPアドレスです。


違うところ


お届け先が違います。

マルチキャストアドレス宛にデータを送ると、そのIPアドレスと紐付いているすべての機器に届きます。
つまり、データの届く先は「複数」です。


「マルチキャストアドレス」と「エニーキャストアドレス」の違い1

一方、エニーキャストアドレス宛にデータを送ると、そのIPアドレスと紐付いている機器のうち、一番近いところにある機器に届きます。
データの届く先は「1つ」です。


「マルチキャストアドレス」と「エニーキャストアドレス」の違い2

備考


・エニーキャストアドレスはIPv6で導入された仕組みです。
・マルチキャストアドレスはMACアドレス等でも使われる表現です。


スポンサーリンク