[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ipm」と「ppm」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
プリンタ印刷する機械
メーカー何かを作っている会社
国際標準化機構(ISO)国際社会の工業分野における「俺らが基準をきめてやっから」団体

それぞれの用語の意味


用語意味
ipmプリンタの性能指標のひとつで、国際標準化機構さんが決めたやり方で計測した「1分間に何イメージ(何枚)印刷できるか」のこと
ppmプリンタの性能指標のひとつで、メーカーさんが独自に決めたやり方で計測した「1分間に何ページ印刷できるか」のこと

似ているところ


どちらも「1分あたり何枚(何ページ)印刷できるか」を示す単位です。
プリンタの性能指標として使われます。


「ipm」と「ppm」の違い1

違うところ


計測方法が違います。
ipmは「国際標準化機構(ISO)さんが決めたやり方」で計測した数値です。
それに対してppmは「メーカーさんが独自のやり方」で計測した数値になります。

スポーツの世界に置き換えれば、ipmは公式記録です。
一方のppmは非公式記録と言えます。


備考


ipmであれば、他のメーカーの製品同士でも比較できます。
測定方法が同じはずだからです。

ppmの場合は、他のメーカーの製品とは比較できません。
メーカーによって測定方法が違う可能性があるからです。

ppmは、主に同メーカーの製品を比較する際に見る数字です。
例えば、100ppmの旧機種と150ppmの新機種を比較して「うわっ、最近のプリンタは昔のプリンタより1.5倍も速く印刷できるんだ!」と感動したりするときに使います。


スポンサーリンク