[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「フォールトトレランス」と「フォールトアボイダンス」の違い

スポンサーリンク

それぞれの用語の意味


用語意味
フォールトトレランス問題が起こる前提で「ヤバいことになったら、どうする?」を想定して備えること
フォールトアボイダンス問題を起こさない前提で「どうすればヤバいことにならないかな?」を考えて備えること

似ているところ


どちらも問題の発生に対する備えです。


違うところ


どの段階に備えるかが違います。

フォールトトレランスは「問題が起こった際に何をするか?」な備えです。
一方、フォールトアボイダンスは「問題を起こさないために何をするか?」な備えです。


備考


フォールトトレランスは「治療」のイメージです。
フォールトアボイダンスは「予防」のイメージになります。


スポンサーリンク