[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「スパイウェア」と「トロイの木馬」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
マルウェアなんか悪いことをたくらんでいるプログラム
コンピュータウイルスコンピュータに入り込んで悪さをするプログラム

それぞれの用語の意味


用語意味
スパイウェアコンピュータの中の情報をパクってどこかに送るプログラム
トロイの木馬自分で自分を複製しない、裏でこっそり悪さをするタイプのコンピュータウイルス

似ているところ


どちらも、こっそり忍び込んで悪さをするプログラムです。


違うところ


あくまで私の解釈ですが、スパイウェアは「情報を盗む」プログラムです。
こっそり忍び込んで、こっそり情報を盗んで、どこかに送ります。


「スパイウェア」と「トロイの木馬」の違い1

それに対して、トロイの木馬は「こっそり悪さをする」プログラムを指します。
「悪さ」の内容は、情報を盗むことに限定されません。
例えば、他の悪いプログラムが侵入する手引きをしたりするのも、やることの1つです。


「スパイウェア」と「トロイの木馬」の違い2

とはいえ、区別は結構あいまいですけどね。
同じものと解釈する人もいれば別物と解釈する人もいます。


備考


世の中には、コンピュータウイルスとトロイの木馬を区別する人もいます。
コンピュータウイルスと見なす条件として「自己増殖する」が必要と考えている人です。

・コンピュータウイルスは自己増殖するもの
・トロイの木馬は自己増殖しないからコンピュータウイルスではない


と解釈すると、コンピュータウイルスとトロイの木馬は別のものになります。

私は

・昔「コンピュータウイルス」と呼んでいたものを今は「マルウェア」と呼ぶ
・マルウェアの分類として「コンピュータウイルス」や「スパイウェア」がある
・コンピュータウイルスの分類として「ワーム」や「トロイの木馬」がある


と解釈していますけどね。


スポンサーリンク