[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ファイルタイプ」と「ファイルフォーマット」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ファイルコンピュータの世界における「書類」
フォーマット書式

それぞれの用語の意味


用語意味
ファイルタイプ「ファイルの種類」をカッコつけて言った言葉
ファイルフォーマット「ファイル形式」をカッコつけて言った言葉

似ているところ


どちらも、ファイルの区別に関する用語です。ファイルの種類・形式を意味する用語です。


「ファイルタイプ」と「ファイルフォーマット」の違い1

違うところ


「種類」と「形式」の違いです。つまり、明確な違いは恐らくありません。種類が違えば形式も違いますし、形式が違えば種類も違うのが普通です。


「ファイルタイプ」と「ファイルフォーマット」の違い2

個人的な使い分け


「フォーマット」には「書式」の意味もありますので、ファイルの中身(データの形式)を見て分類してそうだったら「ファイルフォーマット」を使っています。中身を見ていないようだったら「ファイルタイプ」です。
具体的には、拡張子によるファイルの種類の判断、および「どのソフトで開くの?」と関連付けるファイルの種類については「ファイルタイプ」と呼んでいます。それ以外は、ほぼ「ファイルフォーマット」を使っています。


スポンサーリンク