[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ホームページ」と「Webサイト」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
Webページインターネットの世界で見られる文書ファイル
Webブラウザインターネットをやるときに使うソフト

それぞれの用語の意味


用語意味
ホームページWebサイトのこと。もしくは、Webブラウザを起動して最初に表示されるページ
Webサイト複数のWebページを集めて、ひとかたまりにしたモノ

似ているところ


どちらもインターネット関連で登場する用語です。
そして

ホームページ = Webサイト = 複数のWebページを集めたもの

と解釈している人も少なからずいます。


「ホームページ」と「Webサイト」の違い1

違うところ


元々の意味で言えば、ホームページは、Webブラウザを起動して最初に表示されるページです。


「ホームページ」と「Webサイト」の違い2

ですから

・Webサイト→Webページの集まり
・ホームページ→Webブラウザ起動時に表示されるWebサイト(Webページ)


の違いがあります。


個人的な使い分け


基本的には、Webサイトを意図して「ホームページ」と表現しています。
専門外の方には、その方が分かりやすいからです。

同業者と話すときは「Webサイト」と表現しています。
たまに「Webサイトとホームページは違うものだよ」とツッコミを入れたがる人がいるからです。


スポンサーリンク