[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「電子署名」と「デジタル署名」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
公開鍵暗号方式みんなにばらまく公開鍵)と自分だけが持っている鍵(秘密鍵)の2つを使って暗号化を実現する方式

それぞれの用語の意味


用語意味
電子署名コンピュータの世界のハンコ。主に他の人に送るファイルにくっつけるデータで、そのファイルの正当性を証明するもの
デジタル署名コンピュータの世界のハンコ。主に他の人に送るファイルにくっつけるデータで「そのファイルは○○さんが作ったやつですよ~」と「そのファイルは悪い人に改ざんされていませんよ~」を証明するもの

似ているところ


どちらも、コンピュータの世界のハンコです。
そのファイルの正当性を証明するためにくっつけます。


「電子署名」と「デジタル署名」の違い1

違うところ


同じ意味で扱う人がいます。
区別する人もいます。
さらに、区別する場合でも、その区別の仕方が人によって違う場合もあります。

ややこしいですね。

一応、私なりの解釈を書いておきます。
違う解釈をする人もいるはずです。
参考意見程度にとどめておいてください。

大雑把に言えば

公開鍵暗号方式を使って実現した電子署名がデジタル署名

との解釈です。

電子署名は、ファイルの正当性を証明するためにファイルにくっつけるデータ「全般」を指す用語です。
「ファイルの正当性を証明するためにファイルにくっつけるデータ」であれば、なんでもかんでも電子署名と言えます。

デジタル署名は「公開鍵暗号方式」と呼ばれる仕組みを使って実現される「ファイルの正当性を証明するためにファイルにくっつけるデータ」です。
※デジタル署名の仕組みの詳細は用語「デジタル署名」の説明を、ご覧ください。

デジタル署名も電子署名です。
「ファイルの正当性を証明するためにファイルにくっつけるデータ」です。
ですから

デジタル署名は電子署名である

と言えます。

ただし、ファイルの正当性を証明するやり方は、デジタル署名だけではありません。
極端な話、文書ファイルの最後に

このファイルは、ピヨ太が作りました

と書くだけでも、電子署名と呼べないことはないはずです。
信頼できるかは別ですが、ファイルの正当性を証明するものではありますからね。
よって

電子署名はデジタル署名である

とは言えません
デジタル署名以外の電子署名もあるからです。

私は「電子署名」というカテゴリの中に「デジタル署名」があると解釈しています。


「電子署名」と「デジタル署名」の違い2

備考


世の中には、デジタル署名の説明をするときに「デジタル署名(電子署名)」や「電子署名(デジタル署名)」のような表記がされる場合があります。
あるいは、単に「電子署名」と書かれている場合もあるでしょう。

さらに、ややこしいことに「電子証明書」なんていう用語もあります。
電子証明書は、大雑把に言えば「信頼性を上げたデジタル署名」です。
「デジタル署名」のカテゴリの中に「電子証明書」があるイメージです。


「電子署名」と「デジタル署名」の違い3

ややこしいですね。
できれば、整理して覚えてあげてください。

私は

1.コンピュータの世界のハンコが「電子署名」
2.公開鍵暗号方式を使った電子署名が「デジタル署名」
3.第三者機関を使って信頼性を上げたデジタル署名が「電子証明書」


と理解しています。


スポンサーリンク