[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「APM」と「ACPI」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
BIOSパソコンさんの電源が入って最初に動く、主にハードウェアを制御するプログラム
OSパソコンさんの人格に相当するソフト

それぞれの用語の意味


用語意味
APMパソコンさんの電源管理に関する規格の1つで、電源に関するあれやこれやを主にBIOSで制御するやつ
ACPIパソコンさんの電源管理に関する規格の1つで、電源に関するあれやこれやを主にOSで制御するやつ

似ているところ


どちらも、パソコンさんの電源管理に関する規格です。


違うところ


電源をどこで管理するかが違います。

ARMでは、電源の管理をBIOSで行います。


「APM」と「ACPI」の違い1

それに対して、ACPIでは主にOSさんが電源管理を行います。
BIOSも働きますが、OSのサポート的な位置付けです。


「APM」と「ACPI」の違い2

備考


ACPIの方がAPMよりも後から作られました。
そのため、ACPIの方がAPMよりも自由度が高いです。
その代わり、OSやBIOS、機械がACPIに対応していないと上手く動作しません。


スポンサーリンク