[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「テキストエディタ」と「ワープロソフト」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
テキストファイル中身が文字だけのファイル
文書ファイル文書っぽいファイル

それぞれの用語の意味


用語意味
テキストエディタテキストファイルを編集するときに使うソフト
ワープロソフト文字の大きさとか色を変えたり、図表を入れたりもできる、文書ファイルを編集するときに使うソフト

似ているところ


どちらも文章を書くときに使うソフトです。


「テキストエディタ」と「ワープロソフト」の違い1

違うところ


文字に色を付けたりできるかが違います。

テキストエディタでできることは、基本的に文字を書くことだけです。文字の色を変えたり、大きさを変えたり、装飾することはできません。

それに対して、ワープロソフトは、文字の色や大きさを変えたり、画像や図表を載せたり、あれやこれやと装飾することができます。


備考


テキストファイルは中身が文字だけのファイルです。
色とか大きさの情報は、文字ではありません。
ですから、テキストファイルは文字の色とか大きさの情報を持っていないのです。

それに伴い、テキストエディタ(テキストファイル編集用のソフト)でできるのは、文字情報の編集だけです。
色を付けたりはできません。

それに対して、ワープロソフトで扱うファイルは、テキストファイルではありません。
文字情報以外に、色や大きさ等の情報も保持しているファイルです。
よって、色を付けたり、文字の大きさを変えたりできます。


スポンサーリンク