[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「mbox形式」と「Maildir形式」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
メールパソコンさんの世界で普及しているお手紙機能
サーバサービスや機能を提供する側のコンピュータ
メールサーバメールに関するあれやこれやの機能を提供してくれるサーバ

それぞれの用語の意味


用語意味
mbox形式同じ人宛のメールはすべてのメールを1つのファイルに詰めちゃうメール保管形式
Maildir形式同じ人宛のメールは1つのディレクトリへ、1メール1ファイルで保管してくれるメール保管形式

似ているところ


どちらもメールの保管形式を指す用語です。
メールサーバが、受け取ったメールをどのような形で持っていてくれるかです。


違うところ


保管のやり方が違います。
mbox形式は、すべてのメールが1つのファイルにまとまっています。


「mbox形式」と「Maildir形式」の違い1

それに対して、Maildir形式は、1つのメールが1つのファイルになっています。
それらのファイルが1つのディレクトリの中に収められています。


「mbox形式」と「Maildir形式」の違い2

備考


mbox形式に比べてMaildir形式の方が

1.気休め程度の違いだが、セキュリティがちょっとだけ高い
2.ファイルが壊れた際の被害が最小で済む
3.1つのファイルが肥大化しない


分だけメリットが大きいと言えます。

Maildir形式は、宛先毎にディレクトリを分けてメールを置きます。
mbox形式は、全部のメール(全員分)が1つのディレクトリに置かれます。
気休め程度ですが、分けて置かれている方が盗むのにかかる労力は大きいでしょう。

ファイルが壊れた場合、Maildir形式なら、そのファイル(メール)がぶっ壊れるだけで済みます。
mbox形式では、全部のメールがさよーならです。

Maildir形式は、メールが溜まってもファイル1つの大きさはそこまで大きくなりません。
mbox形式は、メールが溜まるとファイルの大きさがどんどん大きくなります。

可能であれば、mbox形式ではなくMaildir形式にしておいた方が良いと思います。


スポンサーリンク