[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

拡張子「.html」と「.htm」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
拡張子ファイル名にくっついているファイルの種類を表す目印
HTMLファイルホームページ(の中の1ページ)。HTMLのルールに従って書かれたテキストファイル
HTMLマークアップ言語のひとつでホームページを作るときに使う言語
マークアップ言語HTMLとかXMLのこと。タグで囲む(マークをつける)ことで構造を表現する言語
テキストファイル中身が文字だけのファイル

それぞれの用語の意味


用語意味
.htmlHTMLファイルに付く拡張子
.htmHTMLファイルに付く拡張子

似ているところ


どちらも、HTMLファイルに付く拡張子です。


「.html」と「.htm」の違い1

違うところ


ありません。文字数の違いだけです。

実際のところ、拡張子が違うということは「拡張子が.htmlのファイル」と「拡張子が.htmのファイル」で違う扱いができるのですが、普通は気にする必要はありません。
ここら辺の違いについて興味がある方は、備考をご覧ください。


個人的な使い分け


「.html」を使用しています。「.htm」は使っていません。


備考


拡張子は元々「アルファベット3文字で付ける」という慣例がありました。そのため「.html」の3文字バージョンとして「.htm」があるのです。ただそれだけです。

実際のところ、拡張子はただの目印です。コンピュータさんが裏で「この拡張子のファイルはあのプログラムで動かそう」と判断するための目印として使っているだけです。

そのため、拡張子が違うということは別の種類のファイルとして扱うことができます。
例えば「.htmlなファイルはIEで開くよ。.htmなファイルはメモ帳で開くよ」のような設定をして、動きを変えることも可能です。
世の中には「.htmlと.htmは違う!」と主張する方もいらっしゃいますが「別の物として扱える」のが、その根拠でしょう。

ただ、最初の状態では「.htmlなファイルはIEで開くよ。.htmなファイルはIEで開くよ」つまり「.htmlも.htmもIEで開くよ」な設定になっています。しかも、中身はどちらもテキストファイル(文字だけのファイル)です。
そのため、同じ物と考えて構いません。それで困ることはまず無いです。


スポンサーリンク