[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ワード」と「ワードパッド」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
Windowsマイクロソフトさんが作っているOSの名前(のシリーズ名部分)
Microsoft Officeマイクロソフトさんが作った、事務仕事を中心にビジネスの様々なシーンで活躍するらしい便利なソフトたち
ワープロソフト文字の大きさとか色を変えたり、図表を入れたりもできる、文書ファイルを編集するときに使うソフト

それぞれの用語の意味


用語意味
ワードMicrosoft Officeと呼ばれる製品のひとつで、マイクロソフトさんが作ったワープロソフト
ワードパッドWindows付属のワープロソフト

似ているところ


どちらも、マイクロソフトさんの作ったワープロソフトです。
文書ファイルを作ったり、中身を見たり、内容を編集したりするときに使います。


「ワード」と「ワードパッド」の違い1

違うところ


ソフトの位置付けが違います。
ワードパッドは、Windowsにくっついているワープロソフトです。
それに対して、ワードは、Officeにくっついているワープロソフトです。


備考


一般的には、ワードの方が多機能で使い勝手も良いイメージです。ワードとワードパッドは、どちらもマイクロソフトさんが作っています。ワードパッドをめっちゃ多機能にしたら、ワードが売れなくなっちゃいますからね。意図的に制限を加えているのではないでしょうか。


スポンサーリンク