[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「Deleteキー」と「BackSpaceキー」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
キーボードコンピュータに文字入力するときに使う機械
キーキーボードにくっついているボタン
カーソル現在位置を示す目印

それぞれの用語の意味


用語意味
Deleteキー文字を消したり、ファイルを削除したり、何かを消す目的で押すキー
BackSpaceキー文字を消したり、前のページに戻ったり、何かを取り消す目的で押すキー

似ているところ


どちらも、入力した文字を消すときに、ぽちぽちするキーです。
押すと、入力中の文字が消えます。


違うところ


文字の入力中であれば、押したときに消える文字が違います。
Deleteキーを押すと、カーソル位置の1つ後ろの文字が消えます。


「Deleteキー」と「BackSpaceキー」の違い1

それに対して、BackSpaceキーを押すと、カーソル位置の1つ前の文字が消えます。


「Deleteキー」と「BackSpaceキー」の違い2

その他の場面では、ソフトによって動きが異なります。


備考


キーの役割としては、Deleteキーは「消す」「削除」のイメージです。それに対して、BackSpaceキーは「戻す」「取消」のイメージになります。


スポンサーリンク