[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「Microsoft Outlook」と「Outlook Express」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
メールパソコンさんの世界で普及しているお手紙機能
メールソフトメールを見たり送ったりするときに使うソフト
マイクロソフトWindowsを作った会社さん
Microsoft Officeマイクロソフトさんが作った、事務仕事を中心にビジネスの様々なシーンで活躍するらしい便利なソフトたち

それぞれの用語の意味


用語意味
Microsoft OutlookMicrosoft Officeと呼ばれる製品のひとつで、マイクロソフトさんが作ったメールソフト
Outlook Expressマイクロソフトさんが作った、今は亡きメールソフト

似ているところ


どちらも、マイクロソフトさんが作ったメールソフトです。
メールを見たり送ったりするときに使うソフトです。


「Microsoft Outlook」と「Outlook Express」の違い1

違うところ


ソフトの位置付けが違います。
Microsoft Outlookは、Officeにくっついているメールソフトです。
Officeが入っていないパソコンには入っていません。

それに対して、Outlook Expressは、Windowsにくっついているメールソフトです。
Windowsパソコンには最初から入っています(入っていました)。


備考


Outlook Expressは、昔のメールソフトです。
今は(ほとんど)使われていません。

Outlook Express
  ↓
Windows メール
  ↓
Windows Live メール


の流れで、マイクロソフトさんが作ったメールソフトは進化しています。

名称がコロコロ変わるのは、マイクソフトさんらしいと言えば、マイクロソフトさんらしい気がしますね。
もしかしたら、今後また新しい名前に変わるかもしれません。

ちなみに、Windows 8以降では単に「メール」と表記されているのが、最初から入っているメールソフトみたいです。
一般的には「メールアプリ」などの表現が使われているようです。


スポンサーリンク