[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ユーザ」と「エンドユーザ」の違い

スポンサーリンク

それぞれの用語の意味


用語意味
ユーザ使う人。あるいは「お客さま」
エンドユーザその商品やサービスを実際に使う人。その商品やサービスが不良品だったときに、本当の意味で涙目になる人

似ているところ


どちらも、「使う人」を指す言葉です。


「ユーザ」と「エンドユーザ」の違い1

違うところ


ユーザは使う人全般を指します。一般的には、モニタやテストで使っている人も含みます。エンドユーザは商品やサービスを購入したり貰ったりして、最終的に使う人です。その商品やサービスが不良品だったときに、直接的に被害を被る人でもあります。


「ユーザ」と「エンドユーザ」の違い2

個人的な使い分け


「消費者」としての意味合いを強調する必要がある場合は「エンドユーザ」を使用します。それ以外はすべて「ユーザ」呼びです。
とはいえ「ユーザ」という言葉もあまり使わないですけどね。資料に書いたり、会議とかの堅苦しい場では「ユーザ」という表現も使いますが、基本的には「使う人」と言っています。


「ユーザ」と「エンドユーザ」の違い3
スポンサーリンク