[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ゲートウェイ」と「トランスレータ」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ネットワークコンピュータがいっぱいつながっていて、あれやこれやとやり取りできる仕組み

それぞれの用語の意味


用語意味
ゲートウェイネットワークの通訳さん。規格の違うネットワークを中継する機器
トランスレータ通訳さんや翻訳者さん的な役割をするやつ。対象のデータなり何なりを、元の形式から別の形式に変換するお仕事をしているやつ

似ているところ


どちらも、中継するお仕事をしています。
通訳的なポジションの機器です。


違うところ


ゲートウェイは「ネットワーク」を中継する機器です。
トランスレータは「何か」を中継する機器です。ネットワークを中継する機器もトランスレータと呼べるでしょうし、それ以外の何かを中継する機器もトランスレータです。


備考


「ゲートウェイはトランスレータである」と言えるでしょう。
トランスレータに分類される機器の中で、特にネットワークを中継する機器がゲートウェイです。


スポンサーリンク