[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「等幅フォント」と「プロポーショナルフォント」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
フォント文字の書体

それぞれの用語の意味


用語意味
等幅フォントすべての文字が同じ幅になっているフォント
プロポーショナルフォント文字によって文字の幅が違うフォント

似ているところ


どちらもフォントです。文字の書体です。


「等幅フォント」と「プロポーショナルフォント」の違い1

違うところ


文字の幅が違います。
等幅フォントは、すべての文字の幅が同じです。
幅広な「W」もスリムな「I」も同じ幅になっています。


「等幅フォント」と「プロポーショナルフォント」の違い2

プロポーショナルフォントは、文字によって幅が違います。
幅広な「W」は横に広がっています。スリムな「I」は幅を取りません。


「等幅フォント」と「プロポーショナルフォント」の違い3

個人的な使い分け


普通の文章の場合は、プロポーショナルフォントが好みです。読みやすいように感じるからです。
ソースコードの場合は、等幅フォントが好みです。文字数を直感的に把握しやすいからです。


備考


例えば「MSゴシック」は等幅フォントです。「MS Pゴシック」はプロポーショナルフォントです。それぞれのフォントについて「wa3」「aiu」を縦に並べると、以下のようになります。


「等幅フォント」と「プロポーショナルフォント」の違い4

MSゴシック(等幅フォント)は、端っこが揃っていますよね。これは、全部の文字が同じ幅だからです。どんな文字の組み合わせでも、3文字であれば3文字分の幅になります。

それに対してMS Pゴシック(プロポーショナルフォント)は、端っこが揃っていません。何となく「w」の幅が広くて「i」の幅が狭いですよね。プロポーショナルフォントは文字によって幅が違います。例え同じ3文字でも、文字の組み合わせによって幅が違ってくるのです。


スポンサーリンク