[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「鍵」と「キー」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
暗号化見ても分からない様にデータをぐちゃぐちゃにすること

それぞれの用語の意味


用語意味
暗号鍵」のこと。暗号化したり、暗号化されたのを元に戻すときに使うデータ
キー何らかの鍵となるもの

似ているところ


字面だけとらえると同じです。
「鍵」を英語にすると「キー(key)」ですからね。


「鍵」と「キー」の違い1

違うところ


単語自体の意味は同じですが、実際に意味するところは大きく違います。

横文字大好きIT業界なので、鍵となるもの(重要なもの)は横文字で「キー」と表現するのが普通です。
例えば「主キー」といった使い方ですね。

日本語で「鍵」と言った場合は、暗号化で使うデータ(暗号鍵)を指すのが普通です。
こちらは「公開鍵」や「秘密鍵」「共通鍵」といった形で登場します。


個人的な使い分け


「鍵」は無条件に「暗号鍵」の意味で使っています。
それ以外の「鍵」は「キー」と表現しています。


スポンサーリンク