[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「SQLServer認証」と「Windows認証」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
データベースデータがそれっぽい感じに入っている箱
Windowsマイクロソフトさんが作っているOSの名前(のシリーズ名部分)
SQLServerWindowsのシステムでよく使われるデータベース
認証「おまえ誰?」ってのを確認すること
ログイン特定の人しか入れない場所や使えないサービスを「自分はOKな人ですよー」な認証を受けて使える状態にすること
ログオン「ログイン」と同じ意味。マイクロソフトさん関連では「ログオン」って表現が使われているんじゃないかな

それぞれの用語の意味


用語意味
SQLServer認証SQLServerを使うときの認証のやり方の一つで、普通にIDパスワードを使って認証を行う認証のやり方
Windows認証Windowsのコンピュータにログインするときに使った認証情報を使いまわして認証を行う認証のやり方

似ているところ


どちらも、SQLServerにおける認証のやり方を指す用語です。


「SQLServer認証」と「Windows認証」の違い1

違うところ


認証のやり方が違います。

SQLServer認証は、一般的な認証のやり方と同じです。
IDとパスワードを入力して、登録されているものと一致すれば使えるようになります。


「SQLServer認証」と「Windows認証」の違い2

それに対してWindows認証は、Windowsと連携した認証のやり方です。
パソコンを使うときに(Windowsにログオンするときに)入力した認証情報を使いまわして、使って良い人かのチェックを行います。


「SQLServer認証」と「Windows認証」の違い3

個人的な使い分け


ケース・バイ・ケースですが、個人的にはSQLServer認証の方が好みです。
特にプログラムから接続するときには、素直にIDとパスワードを入力する形にしておいた方が汎用性があると思うのですよね。


スポンサーリンク