[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「プログラム」と「アプリケーション」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ソフトウェアコンピュータのうち蹴っ飛ばせない部分
OSパソコンさんの人格に相当するソフト

それぞれの用語の意味


用語意味
プログラム人間様の代わりにコンピュータさんにあれこれ命令してくれる奴
アプリケーションOS以外のパソコンさん用のソフト

似ているところ


どちらもコンピュータの中にいます。
どちらも蹴っ飛ばせません。


「プログラム」と「アプリケーション」の違い1

違うところ


アプリケーションはソフトウェアです。
よって、プログラムとアプリケーションの違いは、ソフトウェアとプログラムの違いと同じです。

プログラムは、実際にお仕事をする奴です。
アプリケーションは、プログラムはもちろんとして、それ以外の設定ファイルデータを保管しておくファイル、各種ライブラリ等も含みます。

プログラムは「本体」、アプリケーション(ソフトウェア)は「完全体」と解釈すると、イメージしやすいと思います。


備考


ちょっくらピヨピヨカンパニーのお昼の風景を覗いてみましょう。

ピヨ太君がメモ帳片手に、他の人たちがお昼に何を食べたいか聞いて回っています。
どうやら、お昼ご飯の買い出し係のようです。

実際に買い出しをするのはピヨ太君です。
ただし、ピヨ太君は記憶力が壊滅的です。
メモ帳を装備しないと役に立ちません。

このときの「メモ帳を片手に持ったピヨ太君」がアプリケーションです。
名前を付けるとしたら「お昼ご飯買い出しアプリ」でしょうか。

お昼ご飯買い出しアプリの中心的存在である「ピヨ太君」がプログラムです。
実際にお仕事をするやつです。


スポンサーリンク