[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「基本設計」と「詳細設計」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
設計作るモノのレシピを考える作業
要件定義システム開発における、お客さまの「こんなものが欲しいんだよね~」をまとめる工程
プログラミングプログラムを作ること

それぞれの用語の意味


用語意味
基本設計要件定義と詳細設計の中継ぎ的なポジションで行う設計。システム開発における、お客さまの「こんなものが欲しいんだよね~」を受けて「それじゃあ、こんなシステムを作りましょう」な全体像や概要をざっくりと考える工程
詳細設計基本設計と実際のプログラミングの中継ぎ的なポジションで行う設計。システム開発における、基本設計でざっくり考えた概要を元にして、実際のプログラムが作れるまで細かく落とし込む工程

似ているところ


どちらも設計作業(作るモノのレシピを考える作業)です。


違うところ


何を設計するかが違います。

基本設計は、大雑把に言えば「お客さまに見えるところ」を考える作業です。
システム全体の概要や、大雑把な機能の一覧、どんな機器で動かすかや、どんなスケジュールで作業を進めるかなどを考えます。

それに対して詳細設計は「お客様に見えないところ」を考える作業です。
プログラムの構造やデータの流れなどのあーだこーだを細かい部分まで考えます。
どれくらい細かい部分まで考えるかというと「うん、これだけ決まっていればプログラムが作れそうだね」と思えるまでです。


備考


・順番としては、基本設計→詳細設計の順番になります。
・各工程間の区切りは結構あいまいです。同じ作業を、基本設計でやる現場もあれば、詳細設計でやる現場もあります。工程をもっと細かく分けたり、逆にいくつかの工程を飛ばす現場もあるでしょう。各工程で何をどこまでやるかは、そのお仕事現場のルールに合わせてください。
・基本設計は「外部設計」と呼ばれる場合もあります。詳細設計は「内部設計」です。


スポンサーリンク