[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「.bashrc」と「.bash_profile」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
シェル人間様からの入力をコンピュータさんに伝えるプログラム
bashシェルの種類の一つで、shをパワーアップしたシェル
ログイン特定の人しか入れない場所や使えないサービスを「自分はOKな人ですよー」な認証を受けて使える状態にすること
ログインシェルログインして最初に動き出すシェル
設定ファイルプログラムとかで使用する設定値が書かれているファイル

それぞれの用語の意味


用語意味
.bashrc(ログインした後に画面上から)bashを起動したときに読み込まれる設定ファイル
.bash_profileログインシェルがbashの状態でログインしたときに読み込まれる設定ファイル

似ているところ


どちらもbashの設定ファイルです。


違うところ


読み込まれるタイミングが違います。
「.bashrc」は画面上からbashを起動したタイミングで読み込まれるファイルです。
画面上で

bash

コマンドを入力したときに読み込まれます。
それに対して「.bash_profile」はログインしたタイミングで読み込まれるファイルです。ログインシェルがbashの状態でログインしたときに読み込まれます。


個人的な使い分け


まず「.bash_profile」の中で「.bashrc」を読み込むように設定しています。ログイン時に「.bashrc」を読み込むためです。あとは、ログインしたときに一回だけ設定したい内容は「.bash_profile」に書いています。それ以外の設定は「.bashrc」に書いています。

……というのが、建前です。
私はtcsh派なので、そもそもbash自体を滅多に使いません。ですから、bashの設定ファイルも使ってはいません。


備考


ログインシェルがbashでログインしたときに「.bashrc」は読み込まれません。ただし「.bash_profile」の中で「.bashrc」を読み込むように指定されている場合は「.bashrc」も読み込まれます。


スポンサーリンク