[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「php.exe」と「php-cgi.exe」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
プログラミング言語プログラムの元ネタ(ソースコード)を書くときに使う言葉
PHPWeb系のプログラムを作るときによく使われるプログラミング言語
実行ファイルプログラムなファイル
コマンドプロンプトコンピュータに詳しい人がよく使う、Windowsにくっついている黒い画面
Webシステムインターネットを使うシステム

PHPで作ったプログラムは、大きく2つに分けることができます。

1つはホームページっぽく動くPHPのプログラムです。
いわゆる「Webシステム」と呼ばれるやつですね。

プログラム自体は、Webサーバホームページファイルを置くサーバ)に置きます。
動かし方は普通のホームページを見るときと同じです。
Webブラウザ(ホームページを見るときに使うソフト)を使って、URLという形で指定します。


「php.exe」と「php-cgi.exe」の違い1

もう1つは普通のソフトっぽく動くPHPのプログラムです。

PHPのプログラムは、普通にパソコンさんの中に置きます。
動かすときは、コマンドプロンプトから動かすプログラムを指定します。


「php.exe」と「php-cgi.exe」の違い2

まずは

・PHPのプログラムは2種類ある
・ホームページっぽいやつと普通のソフトっぽいやつがある


というのを覚えておいてください。


それぞれの用語の意味


用語意味
php.exePHPで作ったプログラムをコマンドプロンプトから動かすときに使う実行ファイルで、実行画面が表示される版
php-cgi.exePHPで作ったプログラムをホームページっぽく(Webシステムとして)動かすときに使う実行ファイル

似ているところ


どちらもPHPのプログラムを動かすときに使う実行ファイルです。


違うところ


どんなプログラムを動かすときに使うかが違います。
php.exeは、普通のソフトっぽいPHPのプログラムを動かす時に使う実行ファイルです。
php-cgi.exeは、ホームページっぽいPHPのプログラムを動かす時に使う実行ファイルです。


スポンサーリンク