[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「オンラインヘルプ」と「オフラインヘルプ」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ヘルプ使い方や困ったときにはどうすれば良いか、用語の説明や権利関係の注意事項などが書いてあるファイル

それぞれの用語の意味


用語意味
オンラインヘルプ取扱説明書なファイル。あるいは、インターネットに接続して使う取扱説明書なファイル
オフラインヘルプ「インターネットに接続して使う取扱説明書なファイル」を意図する「オンラインヘルプ」と対比される用語で、インターネットに接続しないで使える取扱説明書なファイル

似ているところ


どちらもヘルプ(取扱説明書なファイル)です。


違うところ


オンラインヘルプを「取扱説明書なファイル」と解釈した場合、オンラインヘルプとオフラインヘルプに違いはありません。といいますか、そもそも「オフラインヘルプ」という用語を使わないでしょう。パソコン上で見るヘルプは全部オンラインヘルプです。


「オンラインヘルプ」と「オフラインヘルプ」の違い1

オンラインヘルプを「インターネットに接続して使う取扱説明書なファイル」と解釈した場合、使うときにインターネットに接続するか否かがオンラインヘルプとオフラインヘルプの違いです。


「オンラインヘルプ」と「オフラインヘルプ」の違い2

個人的な使い分け


紛らわしいので、基本的には、どちらも使いません。「ヘルプ」で統一しています。
ただし「インターネットに接続して使うよ!」と強調したい場合は「オンラインヘルプ」と呼んでいます。


備考


もともとは

・オンライン=コンピュータの世界
・オフライン=現実世界


の解釈でした。

ですから、オンラインヘルプは「ファイルになっている説明書」です。
その場合、オフラインヘルプと言ったら「紙に印刷した説明書」のことでしょうね。

ですが「オンライン」には「ネットワークにつながっている」のニュアンスもあります。
そのため

・オンライン=インターネットにつながっている
・オフライン=インターネットにつながっていない


と解釈する人が出たのでしょう。

そのように解釈した人は

・オンラインヘルプ=インターネット経由で使う説明書
・オフラインヘルプ=パソコンの中に入れて使う説明書


の意味で呼び分けているはずです。

どちらの解釈で使っているかは、前後の文脈から判断してください。


スポンサーリンク