[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「記録媒体」と「記憶媒体」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ハードディスクファイルなどのデータ保管場所
CD-R一回だけ書き込みができるCD
DVD-R一回だけ書き込みができるDVD
USBメモリコンピュータの世界のキャスター付き収納BOX
フロッピーディスク昔流行った、データを保存しておくための記録媒体

それぞれの用語の意味


用語意味
記録媒体データを記録しておく物
記憶媒体データを記録しておく物

似ているところ


どちらもデータを記録しておく物です。
ハードディスクとかCD-RとかDVD-RとかUSBメモリとかフロッピーディスクとかの総称です。


「記録媒体」と「記憶媒体」の違い1

違うところ


個人的には同じ物と解釈していますが、区別している人は「記憶」と「記録」の違いを意識しているようです。必要がなくなったら忘れちゃう媒体が「記憶」媒体で、ずっと覚えている媒体が「記録」媒体という説明をどこかで見かけました。

とはいえ、使い分けている人の定義も人によってまちまちです。同じものと考えても、不都合は生じないと思います。


個人的な使い分け


特に使い分けはしていません。その時々で気が向いた方の用語を使っています。


備考


記録メディア」や「メディア」などと表現される場合もあります。


スポンサーリンク