[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「圧縮ファイル」と「アーカイブファイル」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ファイルコンピュータの世界における「書類」
フォルダコンピュータの世界における「書類入れ」
圧縮ファイルやフォルダを一つにまとめてキュッと潰すこと
アーカイブ複数のファイルを一つにまとめること

それぞれの用語の意味


用語意味
圧縮ファイル「一つにまとめてキュっと潰したよ」ファイル
アーカイブファイル複数のファイルをキュっと一つにまとめたファイル

似ているところ


どちらも複数のファイルが一つにまとまっている(こともある)ファイルです。


違うところ


厳密に言えば、ファイルとしての種類は全く異なります。

圧縮ファイルは「キュっと潰したよ」なファイルです。ポイントは「キュっと潰したよ」です。対象のファイルが一つでも、キュっと潰していれば圧縮ファイルと呼びます。


「圧縮ファイル」と「アーカイブファイル」の違い1

それに対して、アーカイブファイルは「一つにまとめたよ」ファイルです。こちらのポイントは「複数のファイルを一つにまとめた」です。キュっと潰していなくてもアーカイブファイルと呼びます。


「圧縮ファイル」と「アーカイブファイル」の違い2

備考


圧縮ファイルを作る過程で、複数のファイルを一つにまとめることができるのが、紛らわしい原因でしょう。
複数のファイルを一つにまとめてキュっと潰したファイルは、圧縮ファイルであり、アーカイブファイルであるとも言えます。
そのため「圧縮ファイル」と「アーカイブファイル」が同じような意味で使われることも少なくありません。
ですが、実際には

・圧縮ファイル→潰したファイル
・アーカイブファイル→一つにまとめたファイル


です。
用語の意味としては、違いますよね?


スポンサーリンク