[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ホットキー」と「ショートカットキー」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
キーボードコンピュータに文字入力するときに使う機械
キーキーボードにくっついているたくさんのボタン

それぞれの用語の意味


用語意味
ホットキー特定の組み合わせで押すと何かが起こるように設定された、キーボードのキーの組み合わせ
ショートカットキー特定の組み合わせで押すと何かが起こるように設定された、キーボードのキーの組み合わせ

似ているところ


どちらも、特定の組み合わせで押すと何かが起こるように設定された、キーボードのキーの組み合わせを指す用語です。


違うところ


特に違いはありません……と言いきるのはマズいですかね。厳密にはあるのかもしれませんが、気にする必要はありません。区別する人もいますが、区別の仕方が人によってまちまちです。「みんなの共通認識」的なものはないはずです。違いを探しても明確な答えは出ないと思います。


個人的な使い分け


「ホット」と「ショートカット」を比較した際に、私は「ショートカット」の方が役割を想像しやすいです。そのため「ショートカットキー」という表現を使うことが多いです。
ただし、文章を書いていて文字量を少なくしたいときは「ホットキー」を使います。


スポンサーリンク