[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「Windows Defender」と「Microsoft Security Essentials」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
コンピュータウイルスコンピュータに入り込んで悪さをするプログラム
ウイルスコンピュータウイルスのこと
ウィルスセキュリティソフトパソコンさんにウィルスが入ってこないか見張っているソフト
スパイウェアコンピュータの中の情報をパクってどこかに送るプログラム
スパイウェア対策ソフトパソコンにスパイウェアが入ってこないか見張っていて、もし入ってきたらやっつけてくれるソフト
MicrosoftWindowsを作った会社

それぞれの用語の意味


用語意味
Windows DefenderMicrosoftさんが作ったスパイウェア対策ソフト(Windows 7以前)。あるいは、Microsoftさんが作ったウィルスセキュリティソフト(Windows 8以降)
Microsoft Security EssentialsMicrosoftさんが作ったウィルスセキュリティソフト

似ているところ


どちらも、Microsoftさんが作ったセキュリティ関係のソフトです。


違うところ


・Windows 7以前のWindows DefenderをパワーアップしたのがMicrosoft Security Essentialsです。
・Windows 8以降のWindows DefenderとMicrosoft Security Essentialsは同じものと考えて構いません。(名前が変わっただけ)


備考


時系列に並べると

1.Windows Defender:スパイウェア対策ソフト
  ↓
2.Microsoft Security Essentials:ウィルスセキュリティソフト(Windows Defenderのパワーアップ版)
  ↓
3.Windows Defender:ウィルスセキュリティソフト(中身はMicrosoft Security Essentials)


です。
「1」と「2」はWindows 7までの呼び名です。
「3」はWindows 8以降の呼び名になります。

Windows 7までは

1.Windows Defender:スパイウェア対策ソフト
2.Microsoft Security Essentials:ウィルスセキュリティソフト(Windows Defenderのパワーアップ版)


の2つがあったのです。

それがWindows 8で

3.Windows Defender:ウィルスセキュリティソフト(中身はMicrosoft Security Essentials)

になりました。

まとめて一言で言えば

Windows DefenderがパワーアップしてMicrosoft Security Essentialsになり、Microsoft Security EssentialsがパワーアップしてWindows Defenderになった

です。
つまり「1」のWindows Defenderと「3」のWindows Defenderは別物です。紛らわしいですね。


スポンサーリンク