[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「UTP」と「STP」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
より対線2本の銅線をぐりぐりとよりあわせて1本の線にした線

ここに銅線が8本ほどあったとします。


「UTP」と「STP」の違い1

この銅線を2本ずつぐりぐりとよりあわせます。


「UTP」と「STP」の違い2

あとは、それを外皮で覆って一本の線にします。


「UTP」と「STP」の違い3

このような構造になっているケーブルが、より対線です。


それぞれの用語の意味


用語意味
UTPより対線(2本の銅線をよりあわせて1本の線にした線)の分類の一つで、銅線部分がアルミホイルとかでシールドされていない、より対線
STPより対線(2本の銅線をよりあわせて1本の線にした線)の分類の一つで、銅線部分がアルミホイルとかでシールドされている、より対線

似ているところ


どちらも、より対線(2本の銅線をよりあわせて1本の線にした線)の分類を表す用語です。


違うところ


シールドされているかが違います。

UTPは、ぐりぐりした銅線たちがアルミホイルとかでシールドされていないより対線です。ぐりぐりした銅線たちを外皮で覆った構造になっています。


「UTP」と「STP」の違い4

STPは、ぐりぐりよりあわせた銅線たちを、アルミホイルとかでシールドしているより対線です。ぐりぐりした銅線たちをアルミホイルとかで覆い、それをさらに外皮で覆った構造になっています。


「UTP」と「STP」の違い5

備考


UTPは、STPよりノイズのガードは若干弱めです。その分、リーズナブルなお値段設定になっています。普通のLANケーブルは、大体UTPじゃないですかね。


スポンサーリンク