[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「GB」と「GiB」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ギガ「10億(10^9)」を指す単位
バイト0か1が入っている箱(ビット)が8個ありますのこと。アルバイトじゃないよ
ビット0か1が入っている箱
10進数それぞれの桁の数字が「10」になると桁上がりする数字
2進数それぞれの桁の数字が「2」になると桁上がりする数字

「GB」は「ギガバイト」の省略表現です。「GiB」は「ギビバイト」の省略表現です。


それぞれの用語の意味


用語意味
GB10億(10の9乗)バイトを表す単位
GiB2の30乗バイトを表す単位

人間様の世界は基本的に10進数の世界です。何かが1000個(10の3乗個)集まって「キロ」になり、キロが1000個集まって「メガ」になり、メガが1000個集まって「ギガ」になります。

一方、コンピュータさんの世界は2進数の世界です。人間様にとっては分かりやすい「1000」ですが、コンピュータさんにとっては分かりにくいのです。どちらかといえば「1024(2の10乗個)」の方がしっくりきます。
そこでコンピュータさんの世界では何かが1024個(2の10乗個)集まって「キロ」になり、キロが1024個集まって「メガ」になり、メガが1024個集まって「ギガ」になっていました。

ですが、これでは「キロ」「メガ」「ギガ」という同じ表現なのに、1000倍だったり1024倍だったりすることになります。これはあまり宜しくありません。
そこで、呼び名を変えて区別することにしたのです。具体的には、コンピュータさん側の単位、1024倍で呼び名が変わる単位に「キビ」「メビ」「ギビ」という呼び名を付けました。
これで「キロバイト」「メガバイト」「ギガバイト」と言えば「あぁ、1000倍なのね」と分かるし「キビバイト」「メビバイト」「ギビバイト」と言えば「あぁ、1024倍なのね」と分かるだろうとの目論見です。

残念ながら、あまり普及していませんけどね。


「GB」と「GiB」の違い1

似ているところ


どちらも、ギガなバイトを表す単位です。コンピュータの世界で「GB」と言った場合、その多くは「GiB」と同じ意味で使われています。具体的には、2の30乗バイトを表す単位として、です。



違うところ


・「GB」は人間様基準で考えられた単位です。「GiB」はコンピュータさん基準で考えられた単位です。
・「GB」は10の累乗です。「GiB」は2の累乗です。
・「GB」は1000倍毎に

キロ(KB)
  ↓
メガ(MB)
  ↓
ギガ(GB)


と単位が変わっていきます。「GiB」は1024倍毎に

キビ(KiB)
  ↓
メビ(MiB)
  ↓
ギビ(GiB)


と単位が変わっていきます。


「GB」と「GiB」の違い2

個人的な使い分け


コンピュータさんの世界で登場する「GB」は、ほぼ間違いなく「GiB」(2の30乗バイト)のことです。本来の意味の「GB」(10の9乗バイト)であることは、ほぼありません。ですから、厳密に表現したいのであれば「GiB]を使ってください。私は使い分けをしていませんけどね。「GiB」に馴染みが無い人も多いので、意図的に「GB」を使うようにしています。こだわり派っぽい人が相手のときだけ「GiB」を使います。


スポンサーリンク