[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「java.exe」と「javaw.exe」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
プログラミング言語プログラムの元ネタ(ソースコード)を書くときに使う言葉
Java「一度書けば、どこでも動く」の理念で作られたプログラミング言語で「オブジェクト指向」という言葉を流行らせた奴
Javaアプリケーション普通にパソコンの上で動くJavaのプログラム
実行ファイルプログラムなファイル
コマンドプロンプトコンピュータに詳しい人がよく使う、Windowsにくっついている黒い画面

それぞれの用語の意味


用語意味
java.exe実行画面を表示してJavaアプリケーションを動かすときに使う実行ファイル
javaw.exe実行画面を表示しないでJavaアプリケーションを動かすときに使う実行ファイル

似ているところ


どちらもJavaのプログラムを動かすときに使う実行ファイルです。



違うところ


プログラムを動かしている実行画面が表示されるかどうかが違います。

コマンドプロンプト(Windowsにくっついている黒い画面)上でjava.exeを使って

start java -classpath C:\test test01

のようなコマンドを実行すると、一瞬だけ実行画面が表示されるはずです。
これは

1.黒い画面が表示される
2.プログラムが実行される
3.黒い画面が消える


の一連の流れがパパッと手早く行われるためです。

それに対して、javaw.exeを使って

start javaw -classpath C:\test test01

のようなコマンドを実行すると、実行画面が表示されません。
これは、先程の「1.」「3.」の手順が無くなって

2.プログラムが実行される

だけが実行されるためです。


個人的な使い分け


作ったプログラムの動作確認は、java.exeを使って

java -classpath C:\test test01

のような形で実行することが多いです。
「javaw.exe」を使うのは、プログラム内部からJavaアプリケーションを呼び出すときですね。

……と言いつつ、私は、仕事等で実際に「javaw.exe」を使ったことがありません。


スポンサーリンク