[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「MTU」と「MRU」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
通信情報を伝えること
パケット通信用に細切れにしたデータ

それぞれの用語の意味


用語意味
MTU通信用に細切れにしたデータの大きさ制限で「これくらいの大きさの細切れデータなら通れるよ(送れるよ)」な最大値
MRU通信用に細切れにしたデータの大きさ制限で「これくらいの大きさの細切れデータなら、一回で受け取れるよ」な最大値

似ているところ


どちらも通信用に細切れにしたデータ(パケット)の大きさ制限です。


違うところ


MTUは、そこを通れる最大の大きさです。
データを「送り出せる」最大値と解釈しても構いません。


「MTU」と「MRU」の違い1

一方のMRUは、一回で受け取ることができる最大の大きさです。
MTUが「送り出せる」最大値であるのに対し、こちらは「受け取れる」最大値ですね。


「MTU」と「MRU」の違い2

備考


MTUより大きなデータは、MTU以下のサイズになるように分割されます。


「MTU」と「MRU」の違い3
スポンサーリンク