[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ローカルストレージ」と「セッションストレージ」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ストレージデータをしまっておく箱
ウェブストレージホームページで扱うデータを保存しておく場所
cookieWebサーバさんがWebブラウザさんに「おまえ、次来るときこのメモ持ってこい」とこっそり渡すメモ
セッション最初から最後までの一連の流れで有効な伝言板

それぞれの用語の意味


用語意味
ローカルストレージcookieっぽいウェブストレージ
セッションストレージセッションっぽいウェブストレージ

似ているところ


どちらもウェブストレージです。
ホームページで扱うデータを置いておくところです。


違うところ


Cookieぽいかセッションぽいかの違いです……と言っても、分からない人は分からないですよね。Webブラウザ(ホームページを見るときに使うソフト)を終了したときのデータの扱いが違います。

ローカルストレージに保存したデータは、Webブラウザを終了しても残ります。
次にWebブラウザを起動したときには、前のデータが残った状態から始まります


「ローカルストレージ」と「セッションストレージ」の違い1

一方、セッションストレージに保存したデータは、Webブラウザを終了すると消えちゃいます。
次にWebブラウザを起動したときには、空っぽの状態から始まります。


「ローカルストレージ」と「セッションストレージ」の違い2

備考


ローカルストレージ、セッションストレージはHTML5(HTMLバージョン5)で登場した仕組みです。
またローカルストレージには「リモートストレージの対義語として使用される用語で、自コンピュータにくっついているデータを入れておく箱」という意味もあります。


スポンサーリンク