[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ローカルストレージ」と「リモートストレージ」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ストレージデータをしまっておく箱
リモート「離れてるよー」「別のとこだよー」「遠くだよー」って意味
ローカル「自分のところだよー」って意味

それぞれの用語の意味


用語意味
ローカルストレージ自コンピュータにくっついているデータを入れておく箱
リモートストレージ他のコンピュータにくっついていたり、それ自体が独立して動いていて、ネットワーク越しに使えるようになっているデータを入れておく箱

似ているところ


どちらもストレージ(データを入れておく箱)です。
物としては、ハードディスクとかUSBメモリとかを指します


「ローカルストレージ」と「リモートストレージ」の違い1

違うところ


どこにくっついているかが違います。

ローカルストレージは、自分が今使っているコンピュータに直接くっついているデータを入れておく箱です。


「ローカルストレージ」と「リモートストレージ」の違い2

それに対して、リモートストレージは、ネットワーク経由でくっついているデータを入れておく箱です。
ネットワークでつながっている別のコンピュータにくっついている箱や、直接ネットワークにくっついている箱を指します。


「ローカルストレージ」と「リモートストレージ」の違い3

備考


ローカルストレージには「ウェブストレージホームページで扱うデータを保存しておく場所)の一つで、cookieっぽいウェブストレージ」という意味もあります。


スポンサーリンク