[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「SQL」と「クエリ」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
データベースデータがそれっぽい感じに入っている箱

それぞれの用語の意味


用語意味
SQLデータベースとやり取りするときに使う言葉
クエリデータベースさんに対する「おい!これやれよ」な命令文

似ているところ


どちらもデータベースに対する命令に関する用語です。
データベースさんに対して「ねーねー、こんなデータを持ってきてよー」や「このデータをしまっておいて」といった命令をするときに登場します。


「SQL」と「クエリ」の違い1

違うところ


同じ意味で使う人もいます。
その場合は「データベースに対する命令」を意味します。

ただし、厳密に言えば、SQLとクエリは違います。
SQLは「言語」です。クエリは「命令」です。

例えば、あなたが上司だとして、部下に日本語で仕事の指示を出したとしましょう。
このときの喋っている言葉「日本語」が「SQL」に相当します。あれやれこれやれの「仕事の指示」が「クエリ」です。


個人的な使い分け


「SQL」という用語は「データベースに対して命令するときに使う言語」の意図で使います。
「データベースに対する命令」を意図する場合には「クエリ」か「SQL」という表現を使っています。


スポンサーリンク