[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「バスパワー」と「セルフパワー」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
USBコンピュータと周辺機器マウスとかキーボードとか)をくっつける接続口の規格(のひとつ)
USBケーブル先っちょがUSBになっているケーブル

それぞれの用語の意味


用語意味
バスパワーUSBケーブルを通じて対象の機器に電気を供給する仕組み
セルフパワー「バスパワー」と対比されるときに使われる用語で、普通にコンセントから電気を供給すること

似ているところ


どちらも、電気の供給に関する用語です。
パソコンさんをはじめとした電子機器は、電気が無いと身動きが取れません。どこかから電気を持ってきてお仕事をする必要があります。この「どこかから電気を持ってくる」行為に関する用語です。


「バスパワー」と「セルフパワー」の違い1

違うところ


どこから電気をゲットするかが違います。
バスパワーは、USBケーブルを通じて、他の機器から電気を奪うやり方です。


「バスパワー」と「セルフパワー」の違い2

それに対してセルフパワーは、普通にコンセントから電気を供給するやり方です。


「バスパワー」と「セルフパワー」の違い3

備考


「セルフパワー」という表現は、バスパワーと対比させるときに登場します。


スポンサーリンク