[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「ブラックボックステスト」と「ホワイトボックステスト」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
プログラム人間様の代わりにコンピュータさんにあれこれ命令してくれる奴

それぞれの用語の意味


用語意味
ブラックボックステストプログラムの中身がどうなってるかは気にせず、何を入れると何が出てくるか?だけに着目して行うテスト
ホワイトボックステストプログラムの中身がどうなっているかに着目して、プログラム内のそれぞれの処理がきちんと動くかを確認するテスト

似ているところ


どちらもテストのやり方を表す用語です。


違うところ


テストの観点が違います。
ブラックボックステストは、入れるものと出てくるものにのみ着目したテストです。プログラムの中身がどうなっているかは気にしません。使う人目線で行うテストと言えるでしょう。


「ブラックボックステスト」と「ホワイトボックステスト」の違い1

一方のホワイトボックステストは、プログラムの内部構造に着目して、それぞれの処理がきちんと動くかを確認するテストです。プログラムの中身がどうなっているかを意識します。こちらは作る人目線で行うテストと言えるでしょう。


「ブラックボックステスト」と「ホワイトボックステスト」の違い2

個人的な使い分け


どちらも行いますが、単体試験のような部品の確認は、ホワイトボックステストが中心です。
結合試験のように全体の流れを確認する段階になると、ブラックボックステストが多くなります。


備考


ホワイトボックステストにおける確認項目の設定は「すべての処理を最低一回は通ること」が基本です。プログラムというのは処理が一本道とは限りません。「こんな条件だったらこっちの処理を行う。そうじゃなかったらあっちの処理を行う」のように、枝分かれしているのが普通です。この枝分かれした左の処理と右の処理は、両方確認する必要があります。そのため「こんな条件を設定したら左の処理を通るか」「こんな条件を設定したら右の処理を通るか」のような確認項目を用意し、テストが全部終わった時点で、一回も動いていない処理が無いように確認項目を設定します。


スポンサーリンク