[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「UART」と「USART」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
シリアル通信信号の通り道が1つしかない通信方式
パラレル通信信号の通り道が複数ある通信方式
集積回路電気回路の部品をいくつか合体させて一つの部品にしたもの
調歩同期方式『これから送ります』信号と『送り終わりました』信号を使って認識を合わせる通信のやり方。「非同期式」とも言う

それぞれの用語の意味


用語意味
UART非同期式のシリアル信号とパラレル信号の変換を行う部品
USARTシリアル信号とパラレル信号の変換を行う部品

似ているところ


どちらもシリアル信号とパラレル信号の変換を行う部品(集積回路)です。


「UART」と「USART」の違い1

違うところ


対応している範囲が違います。
一口に「シリアル通信」と言っても、いくつかの種類がありましてね。大きく分けると「同期式のシリアル通信」と「非同期式(調歩同期方式とも言います)のシリアル通信」に分類することができます。どちらもシリアル通信はシリアル通信ですが、細かい部分のやり方がちょっと違うのです。
この「同期式」と「非同期式」のどれに対応しているかが異なります。

UARTは「非同期式のシリアル通信」には対応していますが「同期式のシリアル通信」には対応していません。


「UART」と「USART」の違い2

一方のUSARTは「非同期式のシリアル通信」と「同期式のシリアル通信」の両方に対応しています。


「UART」と「USART」の違い3

つまり、UARTがパワーアップしたのがUSARTということです。


スポンサーリンク