[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

「IDE」と「ATA」の違い

スポンサーリンク

予備知識


用語意味
ハードディスクパソコンさんの中身が入っている箱
SATAコンピュータにハードディスクとかを接続するための規格の一つで、一本の線で接続する版IDE

それぞれの用語の意味


用語意味
IDEコンピュータにハードディスクとかを接続するための規格の一つで、SATAが出てくるまで主流だった奴
ATAコンピュータにハードディスクとかを接続するための規格の一つで、IDEを標準化したもの

似ているところ


どちらも、コンピュータにハードディスクとかを接続するための規格です。


「IDE」と「ATA」の違い1

違うところ


実質的に、同じものだと考えて構いません。

むかしむかし、どこかの会社さんが「IDE」という名前で規格を作りました。
その規格を、どこかの団体さんが標準化したものが「ATA」です。

今までローカルルールだったものを共通ルールとして整備したとお考えください。
名前は違いますが、ほぼ同じものです。


備考


IDE(ATA)は、接続するときの線が複数です。複数の線が集まった一つのぶっとい線でくっつけます。ですから、データの通り道も複数車線です。


「IDE」と「ATA」の違い2

技術の進歩と共に「シリアルATA(SATA)」と呼ばれる規格が誕生しました。こちらは一車線しかないATAです。


「IDE」と「ATA」の違い3

もともとは複数車線であれこれしていたのですが、速度を追求していったら、もろもろの事情により「一車線の方が良いんじゃね?」になったのです。
今後の技術の進歩によっては、また変わるかもしれませんけどね。

せっかくなので、IDE(ATA)とSATAはセットで覚えてあげてください。


スポンサーリンク